毎日ひと手間、楽しむ暮らし

毎日丁寧に、昨日よりも今日がちょっと幸せに感じられるよう、毎日ひと手間工夫をしながら楽しんで暮らしていきたいと思っています。暮らし方の工夫や料理を書いています。

出産レポ前編 山王バースセンター出産記録

 

久しぶりの投稿です。

3/30に37週と1日で息子を出産しました。

産後は余裕が全くなくなり笑投稿できていませんでしたが、一ヶ月を超えてきた頃に

・息子の一回の睡眠が3時間を超えるようになる

・泣く理由が段々わかるようになる

・寝かし付けもある程度のパターンで出来るようになる

・息子中心の生活リズムが出来てくる

よりある程度母としての余裕が出来るようになりそろそろブログも書きたいなぁと思えるようになりました!

そんな話はさておき、出産レポ!

本当に感動体験でしたのでまとめてみました

 

 

3/30季節外れの雪が降る東京!寒かった〜

 

7:50 便意を催したと思いトイレへ行くと、

おしるしが!

前にもあったので冷静に、暫く続くようになれば電話だ!まだ早いし、まぁ大丈夫だろうと思ってました

しばらく様子みるも、断続的な痛み、痛みもどんどん強くなり病院に電話

痛みの間隔はまだ不定期だったので様子をみました。

 

その間地味な痛みを感じながらも、カレーを作ったり昼寝したり過ごしました。

 

 

17時

昼寝をしていたら、10分間隔で痛みになってきて、再度病院へ電話し行くことに

 

19時

病院到着すると、係の方が夜間入口で車イスで待っていてくれ、診察室へ

子宮口は2センチになっているがすぐにお産ではないけど、夜に進行することが多いため大事をとって入院

21時から食事禁止となるので近くのセブンにてご飯

サラダ、サンドイッチ、ヨーグルト、そして、そしてのり塩チップス!ほんとは糖質でダメだけどこればっかりは最後の晩餐ということで。。

妊娠中なので旦那さん泊まれず一人で入院

心細く就寝

でも部屋が本当にホテルみたいで、シャワー水回りもキレイ!

あとは助産師さんがすごく親身で優しくて、夜中お腹痛くなるだろうからと、睡眠導入剤と湯たんぽを持ってきてくれました。

あぁありがたい


f:id:uchidachi:20200517110951j:image


f:id:uchidachi:20200517111018j:image

 

この時点では、明け方に退院だろうなと思いながら眠りにつきました

 

23時

まさか、、陣痛の間隔が5分以内に

うそ。早くない?と思いながらナースコール

 

でも、少ししたら、落ち着くだろうと

まさかのまさか

痛みも増して、間隔も3分くらいに

 

助産師さんに検診してもらいましたが、でもまだ子宮口の大きさは変わらず。。

こんなに痛いのにまだまだなのかと絶望的になりましたが、なんとか我慢しようと再度就寝

 

その後は眠れない。。5分感覚で激痛が襲い、痛い、痛い、痛い

 

 

5時頃..

もう耐えられない!でもナースコールも悪いし我慢したほうがよいかなあと悩んでいたところ親友からLINE

早めに麻酔したよとアドバイスで腹が決まりナースコール

子宮口も開いてる!よく耐えたねぇと助産師さんが褒めてくれて笑

あら、そうだったんだあと自分でもびっくり

 

6時

いざ、お産へ

着替えて、LDRへ、移動

移動中も陣痛で、痛くて歩けず

 

まずは、点滴の注射

針が太いので痛いよと

でもばっちり一発おっけー!さすが山王病院

 

麻酔の先生到着

なれた手つきで準備

針を入れていく。

説明もかなり丁寧にしてくれて、不安はなかったです!

 

エビのような体勢になって、動かないようにと言われたのですが

高校生のころエビのモノマネをしていた頃を思い出しであぁ、そんな私が今出産でエビを必死でしている。感慨深いなあと

 

6時45分

麻酔がきいてくる

最初ひんやり、そのうち下肢だけ痛みが鈍くなり。麻酔の先生がチェックをして問題ないです!頑張ってと言われ神のように見えた

あの痛みが嘘のよう。。LDRにテレビもありZIPを見る


f:id:uchidachi:20200423174712j:image

 

助産師さんがアロマを持って来てくれて、どの匂いが良いと聞いてくれる

ではラベンダー!と伝えるとほんのり匂いが漂う。。あぁ、なんて素晴らしいのかと

 

その後陣痛促進剤を入れたり、子宮口を開く筋肉注射を打つ

いつもは筋肉注射は痛くて苦手なんだけど、陣痛の痛みと比較したらもう何も怖くない

 

定期的に子宮口をチェックすると、すごく順調に開いている

お昼前にもう全開で10センチ開くよということで、旦那さんにも連絡

 

11時

いきむ練習をしようと助産師さんにやり方を教えてもらう

陣痛にあわせて、深呼吸し息をとめてからみぞおちに力をいれて便を出す時のように踏ん張る

上手です!と言われ、何回か

 

あとはパパの到着を待ち。間に合うかドキドキ

 

12時15分

旦那さん車が混んでたのか中々到着できず、

もう赤ちゃんも出たがってるので始めようと

確か4回くらい陣痛の間隔にあわせいきむ

 

あと2回くらいで出てくるよ〜といわれた時にパパ登場!

 

その後本当に2回ほどいきんだら、オギャーオギャーといつ鳴き声と共に紫色の赤ちゃんが!!

 

ずっとお腹の中にいたのは、あなただったのね

 

というのが頭によぎり、嗚咽。

すぐに赤ちゃんを胸の上においてもらい、暫く抱っこさせてもらいました。

 


f:id:uchidachi:20200517112444j:image

 

後編に続く、、